オーストラリアでの法人撮影及びカメラマン派遣

オーストラリアでの法人撮影及びカメラマン派遣

皆さんこんにちは。オーストラリアでプロの日本人カメラマンこと、
Wedding Photography by Katsu の代表カメラマンの野尻勝一です。

さて今日は、私共の撮影種類についてお話させて頂きたいと思います。

会社名の通り、私共の撮影業務はオーストラリアのシドニーを基盤とした、ウェディング撮影がメインとなっております。

なので、”御社ではウェディング撮影しか、されないのですか・・?”
と言ったお声を頂く事があります。

その答えと致しまして、私共の業務内容のシェアは50%以上がウェディング撮影となりますが、実は法人撮影(コーポレート撮影)、団体旅行の記念撮影・天井撮影、家族写真・新生児撮影、ヘアサロン撮影、不動産撮影など、幅広くお受けさせて頂いております。

例えば先週は、オーストラリアの首相が参加された、コーポレートデイナーイベントの写真撮影・動画撮影をさせて頂き、今週は新しくオープンしたヨガスタジオのイメージ撮影もお受けさせて頂きました。

最近では、日系の旅行会社様を通して、日本からの団体グループの添乗・同行撮影にごひいき頂くこともあります。

結構ご存じない方が多いのですが、ウェディング撮影は特殊及び高度なスキルが必要でして、業界では、”ウェディング撮影制するもの、あらゆる撮影を制する”とまで言われているほどで、ウェディング札性の出来る人は、法人撮影や家族写真、イベント写真はお手の物と言われているほどです。

シドニーのみならず、オーストラリア国内の出張撮影・動画撮影もお受けしておりますので、企業様・法人の皆様でオーストラリアで撮影業務・カメラマンをお探しの方は、お気軽に私共まで 日本語にてご連絡下さい。

代表カメラマン:野尻勝一

ホームページに戻る

オーストラリアでの法人撮影及びカメラマン派遣

プーケットでのウェディング撮影

プーケットでのウェディング撮影

日本人に人気な旅行先といえば、微笑みの国タイランド!
アジア圏の中では断然ナンバーワンではないでしょうか。

”タイに旅行に行く”と言えば首都のバンコクを一番に思いつく方が多いと思うのですが、タイでの海外ウェディングで人気ナンバーワンなのは、プーケット島。
近頃はピピ島、パタヤ、クラビ、サムイ島での結婚式やフォトウェディングが大変人気になってきました。

プーケットでのウェディング撮影

タイ国内で日本人のウェディングカメラマンというのは、ほぼ皆無というのが
現状で、私がマレーシア、バリ島、時にはオーストラリアからプーケットやサムイ島などの島々に出張することもしばしばです。(バンコクにいる時もあります)

日系のウェディング手配会社さんもあるようなのですが、手配自体は日本語でしてくれても、一番肝心なウェディング当日は、現地タイ人のヘアメイクさんやカメラマン、ビデオグラファーというのが多いようです。

タイのプーケットやクラビでのウェディング撮影及びウェディングフォトプランは、
日本、タイ及びオーストラリアで20年以上の経験を積んだ野尻勝一にお任せ下さい。

ドレス・タキシードは持参となりますが、勿論ウェディングドレスを着なくても、
普段着での写真撮影も勿論OKです

タイでは五つ星ホテルの敷地内でセレモニー(ビーチウェディング・ガーデンウェディング)が主流でして、披露宴もカジュアルな雰囲気で素敵なサンセットを見ながら日本人の口に合ったお食事を堪能していただけると思います。

特にプーケットでのサンセット撮影は絶対おすすめです!

プーケットでのウェディング撮影

ちなみに、私の簡単な経歴ですが、日本では桂由美さんや神田うのさんのコレクション撮影、および海外ゼクシィの撮影を始め、オーストラリア、タイ、シンガポール、日本、ハワイ、マレーシアなど様々な国で、1500組以上のカップルを撮影してまいりました。

タイでのウェディング撮影及びウェディングフォトを検討されている方は、
お早めにご連絡くださいね (英語のサイトですが日本語でお問い合わせくだだい)

ホームページに戻る

マレーシアでのウェディングカメラマン

マレーシアでのウェディングカメラマン

近年マレーシアでのウェディングが大変人気になってきているようです。

マレーシアと一言でいっても、結婚式をあげたり、ウェディングフォトを撮ってもらったりするのに、人気なスポットがたくさんありますので、今日はその中でもっとも人気で、マレーシア生粋のビーチリゾートのランカウイ島でのウェディング撮影をご紹介しますね。


ランカウイ島

ランカウイ島は、マレーシアの中で一番人気と呼ばれる超豪華ビーチリゾートで、
8000年以上前から形成されたサンゴ礁の島です。

マットシンカン山の木々と、青い空、そしてアジアの宝石とも呼ばれているランカウイ島のビーチに囲まれたビーチは、各国のセレブからも愛され、ゴールデンタイムと呼ばれるサンセットは息を呑むような素晴らしさです。

そんなランカウイ島でのビーチウェディングは、美しい緑とお花たちに囲まれた、
5つ星ホテルのプライベートビーチで行われるが一番人気です。
その中でも私のお薦めのホテルは、ザ ダナ ランカウイ、もしくは、ジ アンダマン ランカウイホテルです!

青い海をバックに、白砂ビーチの上でセレモニー。そして夕日がオレンジ(時には紫)に変化するサンセットを狙ってのウェディング撮影は絶対おすすめです!

”ウェディングは既に日本で済ませたので・・”、というカップルにもドレスとタキシードを着てのウェディングフォトのみも勿論可能です。(勿論普段のラフな格好でもOKです)

langkawi malaysia wedding photography katsu nojiri

ウェディング終了後は、ホテルのスパやマッサージ、プールでゆっくりくつろいで下さいね!

マレーシアでの公用語は英語になりますが、勿論私は日本人のウェディングフォトグラファーですので、言葉の面はどうぞご安心下さい。

オーストラリアをメインに、マレーシア、タイ、バリ、日本にて20年のウェディング撮影の経験をもった、日本人カメラマン(野尻勝一)が素敵なお写真を撮影させて頂いています。


ランカウイ島のみならず、ペナン島や、クアランプールなど、マレーシアでの
ウェディングをご検討されているカップルは、一度ご相談下さい!

ホームページに戻る

 

 

 

 

 

 

 

メルボルンでのウェディング撮影始めました

メルボルンでのウェディング撮影始めました

日本人のウェディングフォトグラファーがメルボルンでの写真撮影

シドニーに移住してから、今年で20年が経ちました!

これまでに日本人及び、現地のオーストラリア人を始めとする1500以上のカップルのウェディングを撮影してきました。

そのウェディングのスタイルも、カップルによって本当に様々です。

トラディショナルな、ウェスタンスタイルのウェディングは勿論、日本の神社にて伝統的な和式ウェディング、チャイニーズティーセレモニーが印象的な中国式ウェディング、ヒンドゥー教のカラフルなインドのウェディング、ギリシャ教会で行われる厳格なギリシャ式ウェディング、ユダヤ教のイスラエルウェディング、タイのプーケットで、象に乗って入場するタイウェディングなどなど。

そんな世界各国のスタイル、そして多国籍のカップルを、これまでシドニーで撮影してきましたが、2017年よりメルボルンウェディングの写真撮影を始めました!!

メルボルンに在住されている日本人の方で、現地の方とご結婚予定の方、もしくは海外ウェディングに興味があり、メルボルンにハネムーンでいらっしゃる旅行者の方々は、是非日本人ウェディングカメラマンの私(野尻勝一)までご連絡下さい。

ナチュラルで、笑顔いっぱいのウェディング写真を撮影させて頂きます!

お問合わせは、日本語でどうぞ!
メール:info@sydneyweddingphotographybykatsu.com.au

Home Page ホームページ

メルボルンでのウェディング撮影始めました 日本人のウェディングフォトグラファーがメルボルンでの写真撮影

 

ウェディングフォトプランINシドニー

ウェディングフォトプランINシドニー

ドレスとタキシードを着て、シドニーの人気スポットで撮影します!

シドニー在住20年の日本人プロカメラマンが、シドニーの人気スポットにて、
ドレスとタキシードを着てのウェディングフォト、もしくはご自分の好きな服装をご持参いただきカップルフォトを撮影しております。

オペラハウスを始め、ハーバーブリッジ、歴史あるヨーロッパ風なサンドストーンを背景に、プロの日本人カメラマンが同行撮影させて頂きます。

ウェディングフォトプランINシドニー ドレスとタキシードを着て、シドニーの人気スポットで撮影します!

経験豊富な日本人のヘアメイクさんは勿論、ブーケ、ドレス及びタキシードのレンタルも全て日本人スタッフが対応させて頂いていますので、言葉の心配もゼロです!

人気スポットで撮影されたお写真は全てデータにて納品させて頂いております。

料金等の詳細は、”ウェディングフォトプラン”とお申し付け下さい
野尻勝一
メール:info@sydneyweddingphotographybykatsu.com.au

ウェディングフォトプランINシドニー ドレスとタキシードを着て、シドニーの人気スポットで撮影します!